スムースビップはタバコに含まれるタールやニコチンを含んでいません。

ですが、

 

「本当に無害なの?」

 

「電子ベイプに害があるという情報を見た」

 

と不安に思う方も少なくないでしょう。

インターネット上には様々な情報が掲載されており、口コミやコラムによっては

 

「電子ベイプは有害」

 

と書かれていることもあります。

そこで今記事ではスムースビップのリキッドに含まれている成分をリサーチし、その安全性についてまとめました。

また電子ベイプの口コミを検証するほか、吸引することによって生じる周囲への影響に関してもまとめています。

 

スムースビップを利用している方、これから購入を考えている方への参考になれば幸いです!

 

スムースビップにはタバコのような有害物質が含まれていないって本当?

一般的な紙巻タバコにどのくらいの有害物質が含まれているかご存知ですか?

紙巻タバコには約4,000種類の化学物質が含まれていて、有害物質はその中のなんと約200種類!

とりわけニコチン、タール、一酸化炭素の有害性が強いですよね。

 

スムースビップのリキッドにはこのような有害物質は一切含まれていません!

日本食品分析センターによる第三者機関の調査でも、スムースビップはニコチンを含有しないという結果が出ています。

 

おまけにスムースビップは電子ベイプです。

電子ベイプはリキッドを加熱し、発生した蒸気を吸引するものですから、タバコの葉が燃焼するときに生じるタールや一酸化炭素が発生しません。

以下に、紙巻タバコ、加熱式タバコ(iQOS、プルームテック等)、スムースビップに含まれる有害物質の有無を比較し、表にまとめました。

紙巻きタバコ 加熱式タバコ スムースビップ
ニコチン
タール
一酸化炭素

これら3種類を比較すると、スムースビップだけが有害物質を含んでいないことが分かりますね!

 

スムースビップのリキッドに含まれる成分が危険らしい?

スムースビップも含め、電子ベイプのリキッドには3種類の成分が含まれています。

PG(プロピレングリコール)・VG(植物性グリセリン)・香料の3種類です。

PG、VGは安全性が高いことで知られており、食品にも含まれているんですよ。

 

香料はリキッドのフレーバーを決めるために欠かせない成分ですが、これも安全です。

以下で詳しく見ていきましょう。

 

PG(プロピレングリコール)

この成分は保湿剤、乳化剤、潤滑剤として医薬品や化粧品、食品等幅広く使われているものです。

無味無臭で、少量であれば毒性は極めて低く、安全と言える成分ですね。

PGを過熱した際に発がん性物質が生じるという情報もありますが、それはPGの量や密度、加熱温度等の条件が重なった際に起こりうる現象ですので、心配はいりません。

 

ちなみに、加熱を必要とする食品にPGが含まれている場合があります。

しかしご安心を!

日本香料工業会によれば通常使用での健康被害はない、とのことなので、PGは適量を守っていれば安全と言える成分なのです。

 

VG(植物性グリセリン)

聞いたことがあるという方もいるでしょう。

VGは保湿剤として食品や化粧品に多く使用されている成分で、

パームオイル等、植物性の油脂を原料に生成されているから、危険性はとても少ないと言えるでしょう。

上記の通り、一般的な電子ベイプのリキッドには、化粧品や食品にも使われる成分が使用されているので、どれも安全だと言えますね。

 

注意!個人輸入のリキッドにはニコチンが含まれていることも!

海外製のリキッドにはニコチンが含まれている商品があるため、個人輸入で購入した場合や、その疑いがある商品には注意が必要です。

電子ベイプのリキッドにニコチンが入っている、という口コミの所以はここにあるんですね。

 

特に中国産など一部のリキッドには、実際にニコチンが含まれている商品が存在します。

日本ではニコチン入りリキッドの販売が禁止されているので、リキッドを購入する際は製造国、販売元をしっかり確認しましょう。

明記がないものや、曖昧な表現を使っている商品には手を出さないほうが賢明ですね。

 

電子ベイプの安全性に関する研究データはない!

電子ベイプは近年発売された新しい製品であるため、残念ながら安全性に関しての研究データが不十分です。

安全とは言い切れないという意味では、電子ベイプが危険だと言われてしまうのも無理はないでしょう。

ですが、調べたところ興味深い情報を見つけました。

それによりますと、

 

電子ベイプはタバコより95%も有害物質が少ない

 

という研究結果がイギリスで出ているようです。

なるほど少しずつではありますが、電子ベイプの安全性に関する研究が進んでいるのですね!

注目されている製品ですから、今後、もっと多くの研究結果が発表されることでしょう。

そのときは、多くの人が安心して電子ベイプを楽しめるようになりますね!

 

スムースビップが特に安全だとされる理由

電子ベイプの危険性を案じる意見は多くありますが、もちろん全ての電子ベイプが一様に危険だとは限りません。

以下に、スムースビップが特に安全だとされる理由をまとめました。

 

タバコのような有害物質を一切含んでいない

先に説明した通り、スムースビップにはタバコに含まれるニコチン、タール、一酸化炭素を含みません。

そのため発がん性物質の心配がなく、高い依存性もないので、安心して吸引できる仕様になっています。

日本食品衛生法に基づく食品添加物も含まれていないので、その点でも安全だと言えますね。

 

イタリアの安全基準をクリアした工場でリキッドが作られています。

スムースビップのリキッドは製造元が不明な粗悪リキッドではありません!

厳しい安全基準をクリアしたイタリアの工場で作られているので、品質管理も厳重になされており、この点でも安心と言えるでしょう。

 

スムースビップは副流煙の心配がありません

タバコで問題となる副流煙にはタール・ニコチンなどの有害物質が含まれています。

非喫煙者の受動喫煙が問題視されていることは皆さんもご存知でしょう。

スムースビップではリキッドを加熱した際に発生するのは水蒸気です!

煙ではないため、有害物質は含まれず、受動喫煙の心配は皆無なんですよ。

またスムースビップのリキッドはミントやフルーツといった爽やかなフレーバーが主流ですから、タバコのごとく周囲に煙たがられる心配も少ないのです。

 

タバコと比較すると、スムースビップは圧倒的に無害です!

ご紹介したようにスムースビップはタバコのような有害物質を含まない上に、副流煙の心配もありません。

リキッドを加熱して水蒸気を吸引することから、人体に全く無害だとは言い切れませんが、それでも紙巻きタバコや加熱式タベコに比べたら、害は極小に抑えられていると言えるでしょう。

禁煙中の方はもちろん、ちょっとしたリラックス時の嗜好品として利用するのも良いですね。

ぜひ一度試してみてはいかがでしょう?

 

まとめ

いかがでしたか?

スムースビップがタバコに比べて害が少ないということが、お分かりいただけたかと思います。

有害物質を含まないので、誰でも手軽に使用できるのも良い点ですよね。

依存性もなく、周囲に迷惑をかけることもありません。

紙巻タバコや加熱式タバコを買うくらいなら、一度スムースビップを試してみてください!



スムーズビップ最安値公式サイトはコチラ!

★最安値公式サイトはこちら!★